Thursday, July 29, 2010

イランビザの取得~在日イラン大使館編


イランに行くための下準備ということで、広尾にあるイラン大使館に行きビザを取得することができた。イラン外務省のE-VISAを申請し、認証メールが来てから、大使館に行って、パスポートを預けて一週間後の受取。約2週間だった。

『地球の歩き方 E 06 イラン 2009~2010年版』には、旅行会社を介さずに、個人旅行の人は事実上ビザの取得が不可能と書かれている。そして、15日間の到着ビザを空港で取得できるだけと書いてある。この情報が現在は正しくない、ということが立証されたわけだ。

「歩き方」がいまいち信用できない理由の一つが、以前チェコで会った旅人に教えてもらったことでもあるのだが、広告収入をとっているということだ。イラン編であれば、イラン旅行やビザの取得代行を受け持った代理店の広告がある。そのような本には、そういったものを利用しなくても楽しめるであるとか利用する必要はないという情報はそれが真実であっても必然的に記述されない。そういったことを読み解きながら読まないといけないのである。その上、写真はいっぱいあって見やすいが、移動手段の情報が非常に少なく、地図も間違っていることが多い。なので今回は、ロンプラだけを持っていくことにしようと思う。

e-visaは、このページで申請する。ここで、顔写真とパスポートのコピーをjpeg形式で決められたサイズでアップしなければならない。どちらもデジカメで撮影した画像を加工しただけだが、OKだったようだ。ちなみにe-visaでは、ビザの種類を選ぶ欄があり、アルメニアに行って帰ってくることも考えていたので、ダブルで申請しておいた。

申請後、三日後にメールで「認証されたので、三日後に大使館に来い」とのメールが来た。渋谷から新橋行きのバスに乗り、四ノ橋で降りて少し歩いたところにイラン大使館はある。
窓口で、ビザはシングルしか発行できないと言われた。ごねても駄目だった。
期間は30日間有効で、7,750円。シリアのマルチプルビザより高い。

一週間後に取りに行き、無事取得という流れだ。

帰りの飛行機をアブダビアウトにして、アルメニアからドバイまで飛ぶことにした。これで、行き帰りでドバイアブダビの両方とも止まらずに回れそうだ。非常に楽しみだ。


4 comments:

  1. If some one wants to be updated with most up-to-date technologies afterward he must be visit
    this site and be up to date every day.

    my page :: fast weight loss pills

    ReplyDelete
  2. I used to be able to find good info from your blog articles.


    Also visit my blog post: List Leverage scam

    ReplyDelete
  3. Well written articles like yours renews my faith in today’s
    writers. You’ve written information I can ultimately agree
    with and make use of. Thanks for sharing.

    my website phen375 (http://www.enhancedonlinenews.com/portal/site/eon/permalink/?ndmViewId=news_view&newsId=20120718006702&newsLang=en&permalinkExtra=phen375/phen375-review/buy-Phen375)

    ReplyDelete
  4. Simply wish to say your article is as surprising.
    The clarity to your publish is just cool and that i can assume you're a
    professional on this subject. Well together with your permission allow me
    to snatch your feed to keep up to date with impending post.
    Thank you a million and please keep up the gratifying work.


    Here is my web page: Beats By Dr. Dre

    ReplyDelete